| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Renatureの自然回帰なことだらけ


ステレオタイプとは決別して、次元上昇したいと思っています。僕らの表現方法は無限大です。
チルアウト  寝そべる人 W-2011
チルアウト  寝そべる人 は単に寝そべっている訳ではないのです。

元々このグラフィックが出来た由来は、釈迦が入滅する際の涅槃図からインスパイアされている。そして、




詳細は出典を参考にしていただきたいが

この方は、目が開いている涅槃像は最後の説法をしている姿を顕しているのだよ。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

涅槃仏(ねはんぶつ)とは、釈迦が入滅する様子を仏像としてあらわしたもの。寝仏、寝釈迦像、涅槃像とも呼ばれ、主にタイの寺院などで見ることが出来、足の裏には宇宙観を示す文様などが描かれている。



ほとんどの涅槃像は、右手を枕とするか、もしくは頭を支える姿である。基本的には、頭は北向き、顔は西向きとされる。これが後に、一般の俗人が亡くなった時に「北枕」とされる由縁となった。
また、釈迦の像には、誕生時の像、苦行時の像、降魔(ごうま。悟る直前)の像、説法している時の像などいろいろなものがあるが、大別して立像・坐像・涅槃像の3種類があり、一説に立像は「出山(しゅっさん)の釈迦」に代表されるように、いまだ修行中で悟りを開く前の姿、坐像は修行して悟りを開かんとしている時(あるいは開いた直後)の姿、そして涅槃像はすべての教えを説き終えて入滅せんとする姿を顕すとされる。また涅槃像には、目が閉じているものと、目が開いているものがあり、目を閉じた涅槃像は、既に入滅した姿で、目が開いている涅槃像は最後の説法をしている姿を顕しているといわれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
|14:11| チルアウト  寝そべる人 W-2011 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by takaharu aka taka86 -
| 1/1 |
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.