| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Renatureの自然回帰なことだらけ


ステレオタイプとは決別して、次元上昇したいと思っています。僕らの表現方法は無限大です。
東電の本音が裁判で暴露された。想像をはるかに超えた巨大で、とてつもない破壊力を持った地震と津波が原因。異常で巨大な天災への対策を講じる必要はない。東電。
共同通信によると
東京電力福島第1原発の事故をめぐり「放射性物質が拡散され、正確な情報も伝えられず、恐怖や不安が高まって精神的苦痛を受けた」として、東京都内の男性(46)が19日までに、東電に慰謝料10万円の支払いを求め、東京簡裁に提訴した。同簡裁(石崎博喜裁判官)で19日、第1回口頭弁論があり、東電側は全面的に争う姿勢を示した。提訴は3月28日付。
訴状で「事故が起こらないように十分な対策を取るべきだった」と述べ、算定した慰謝料50万円の一部、10万円を請求した男性側に対し、

東電側は答弁書で反論。「想像をはるかに超えた巨大で、とてつもない破壊力を持った地震と津波が原因。異常で巨大な天災への対策を講じるべき義務があったとまではいえない」とした上で、都内で人体に被害が生じるレベルの危険性はなく、男性の主張は法的に保護される利益に当たらないと請求棄却を求めた。
JUGEMテーマ:RENATURE


|13:48| 東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by takaharu aka taka86 -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.renature.jp/trackback/1282213
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.