| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Renatureの自然回帰なことだらけ


ステレオタイプとは決別して、次元上昇したいと思っています。僕らの表現方法は無限大です。
ヤクウールとヘンプの生地考察
ヘンプダウンに使用されている


ヤクウールとは何ぞや。。。。







チベット人に欠かすことの出来ないヤクは3000m以上6000mの山岳高地にしか生息できない厳しい環境に耐える限られた動物である。全世界1400万頭その内1300万頭が中国西部カシミール、チベット高原で生息している。






 体表は極寒に耐える為、踵のあたりまで達する黒い毛で覆われている。換毛しないため暑さに弱く低地では生きられない。消化器は体温保持のため四つの胃のうちの第一の胃で四〇度で発酵し、肋骨も他の動物より多い15対と特殊の胸部をもって酸素の少ないところで大量の空気を吸うことができる。酸素の薄い高山で生きる為に備わった赤血球の数値は高く、その細胞も普通の牛の半分ほどの大きさである。毛皮は長く太い毛とその間に産毛が密集している。色は一般的に黒から暗褐色、白もあり、鼻の周りは白い明るい毛も見られる。

 体重、体長はメスが300キロ、約2m、オスは800キロ3,3m、角の長さはメスが約50cm、オスが約1m位である。野生のヤクは重さ1トン、高さは背中の隆起部分で家畜の倍近い2m位、長く鋭い角をもった堂々たるものであるが今日では絶滅の危機に瀕しており、チベット高原でも数百頭で中国国家一級重点保護動物に指定されている。もちろん今回のヤクの毛は家畜として買われており、この重要保護されているヤクの毛ではないのであしからず。。。




 高地は紫外線が強い。これが殺菌効果を生み出しヨーグルトにせよ糞で皿を洗うにせよ、全く雑菌の心配がいらない。皮は長靴の底に、毛はテントを覆ったり毛布,手袋に使われ繊維類は高価なコート類にも使われている。

 
ここからが重要なのだが

 日本でヤクは江戸時代武士が兜や槍につける装飾品として、ヤクの尾毛を輸入して使っていたと言う。尾毛をあしらった兜は輸入先中国、唐を捩って“唐の頭”と呼ばれていたという。なぜヤクの毛を選んだのか、黒毛の長さとしなやかさなのか、身近な話で興味深い。



そのヤクの毛とヘンプの繊維を混紡してダウンに使用している書くヘンプウールの生地は出来上がっているのだ。

販売サイトhttp://jah-vibes.com/?pid=37433291


 
一度除いてみてください。

この生地で作ることは本当にむずかしいのです。

ぜひ一度その素晴らしい生地を体感していただきたいのです。



JUGEMテーマ:RENATURE




|19:38| ニュースタイリング提案 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by takaharu aka taka86 -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.renature.jp/trackback/1282300
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.