patagonia(パタゴニア)はすごい!!バンブーとの決別!!

  • 2012.04.13 Friday
  • 13:01
パタゴニアのプレスリリースです。

http://www.patagonia.com/pdf/jp_JP/enviro/bamboo_and_rayon_j.pdf
 


竹とレーヨンについて

竹がレーヨンになる
竹は地上で最も成長の早い植物で、1日に最高120 センチも伸びます。
竹の大半は農薬などを使わない有機栽培で(認証を取得している数
はごくわずかですが)、ほとんどの場所で灌漑も肥料も必要とせずに
育ちます。パンダが生息する自然の竹林が破壊される、あるいは竹の
プランテーションのために森林が伐採されるという懸念があるものの、
おおむね竹の栽培は持続可能と見なされます。
竹の茎に含まれる靱皮繊維は亜麻(リネン)やヘンプのような比較的
堅く粗い繊維に加工されます。市場に出まわるほとんどの竹素材はシ
ルクのように滑らかで、レーヨンのような肌触りですが、これはそもそ
もレーヨンが竹から作られているためです。レーヨンは天然原料を化
学処理によって繊維に変えた再生セルロース繊維で、天然繊維と化
繊の中間に分類されます。セルロース源は木材や紙やコットン繊維、
そして竹に由来します。


ビスコース法によるレーヨン製造の問題点
レーヨンの製造方法は1つだけではありませんが、最も一般的で竹
の加工に幅広く利用されているのがビスコース法です。この方法で
は竹などのセルロース原料を強力な溶剤に溶かして濃厚な粘性溶液
を作り、それを紡糸口金に通してから急冷剤に入れることにより糸を
凝固させて繊維にします。繊維が化学溶液のなかで「紡がれる」ため、
この過程は加水分解アルカリ化または溶液紡糸と呼ばれます。この
過程では二硫化炭素が溶剤として使われますが、これは生殖器系
に障害を及ぼすことが知られている有毒化学物質で、工場で働く人
びとを危険にさらし、また大気放出や廃水を介して環境を汚染する
可能性があります。たいていのビスコース工場における二硫化炭素
の回収率はおよそ50%で、つまり約半分が環境中に流出しているこ
とになります。ビスコース法ではこの他に水酸化ナトリウムや硫酸な
ど潜在的に危険な化学薬品が使用されます。このような環境問題が
あるため、パタゴニアではビスコース法で製造したレーヨンや竹素材
は使用していません。


レーヨンの代替品
2003 年以来、パタゴニアの素材開発チームは竹について研究してきま
したが、ほぼすべての竹素材がビスコース法で製造されるため、パタ
ゴニアではいまでも製品に竹素材を使用していません。靱皮繊維とし
て加工されるリネン風の竹素材もありますが、パタゴニアでは代わり
にこのような用途に適しているヘンプを採用しています。竹素材の魅
力は滑らかなドレープと手触りですが、これはビスコース法という化
学過程の産物であることが普通です。パタゴニアではこれらの特性を
備えつつ環境への影響が少ない代替素材を探した結果、テンセル®(リ
ヨセル繊維のブランド名)を見つけました。テンセルも再生セルロー
ス繊維ですが、無害の溶剤を使ったクローズドループシステムで製造
されています。
テンセルの原料はユーカリの樹林農場で収穫された木材パルプで、パ
ルプは森林管理協議会(FSC)の認証済みです。竹やその他のセルロー
ス原料を使うことも可能ですが、ユーカリからは無駄を最小限に抑え
ながら最高品質の繊維を産出することができます。
テンセル/リヨセル繊維の製造過程では、これらの繊維のフィブリル
化処理に有害化学物質が使われないよう徹底しなければなりません。
工場によっては繊維のけば立ちを防ぐためにホルムアルデヒド処理を
施しますが、ホルムアルデヒドを使わない環境への影響が少ない処
理法も存在します。



素晴らしい企業です。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ショップ情報

メルマガ登録

メールアドレス

ツイッター

FACEBOOK

Renatureのファンサイトです。

みんなの和

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM